手づくりへのこだわり

素材と対話する職人の心「一つひとつ、手づくりで、丁寧に仕上げています」
当店の慶希が、普段、甘いものを召し上がられない方にも喜んでいただいている理由

木箱でじっくりと焼き上げられた慶希

木箱でじっくりと焼き上げる「自然素材の風味、やさしい甘さのために」

当店の慶希の美味しさの特徴は、何といっても、人工甘味料を使用しない「黄金蜜芋の素材本来の甘さ」と、赤ちゃんの肌のような「上品なしっとり感」にあります。

この味と質感を実現するために、通常のパウンドケーキで用いられる金属製の型ではなく、特製の木箱で焼き上げています。

木のやさしい熱の伝わり方で生地を焼き上げることで、蜜芋のしっとりした質感を実現しました。

素材の力と職人の技

ベーキングパウダーやマーガリン(トランス脂肪酸)は使用していません。
「安全・安心な美味しさのために」

当店の慶希は、ベーキングパウダーやマーガリンを使用せず「健康たまご」と「発酵バター」、そして「職人の技」だけで焼き上げています。

「ベーキングパウダー(人工の膨張剤)」や「マーガリン(トランス脂肪酸)」を使用して焼き上げれば、作業工程も簡略で、美味しそうなふっくら感を簡単に出すことができます。

当店では、安全や安心に慶希を楽しんでいただくために、「素材の力」と「職人の技」だけで、しっとりと焼き上げています。

※上記の理由でベーキングパウダーやマーガリンを使用していないため、焼き上がりからお日にちが経過すると、慶希のふくらみが少しずつなくなり、木箱と慶希にすき間が出てくることがあります。 美味しさに影響はございませんので、安心してお召し上がりください。

慶希にトッピングする素材

素材のハーモニーを追求し手間ひまをおしまない「ゆたかなひと時のために」

黄金蜜芋の生地の美味しさを、さらに美味しく、より楽しんでいただけるように、慶希にトッピングする素材が最高のハーモニーを生み出すよう、一つひとつ手間ひまをかけています。

一例をご紹介します。

和栗

<和栗>

天然メープルシロップ・無添加有機黒糖でじっくりと煮込むことで、黄金蜜芋の生地をさらに引き立てる味わいに仕上げています。

さんざし

<さんざし>

「くるみの慶希」の生地には「さんざし(漢方にも利用されている果実)」を練り込んでいます。「さんざし」を無添加有機黒糖につけこみ、まろやかな酸味に仕上げることで、くるみのうまみを引き立てています。

このように当店の慶希に使われている素材は、一つひとつ、手間ひまをかけて仕上げています。

生地にも、具として用いている素材にも、人工的甘味料を使用せず、素材本来の美味しさを引き出し、さらに職人の技によるハーモニーを追求しました。

こうしてつくられたことが、スイーツ好きの方だけでなく、普段、甘いものを召し上がらない男性の方にも、大変よろこばれている理由です。